一生旅行生活してえ

旅行とか写真とか。たまには自己研鑽。一生旅行生活してえ。

31歳男性会社員 台北ひとり旅2日目 ~西門 檸檬屋 苦瓜原汁~

ひとり旅2日目。1日目は以下より。

s-tkmt.hatenablog.com

ちょっと遠出しようかなと思い、千島湖に行ってみようと思っていました。ガイドブックなどにも乗っておらず、たまたまグーグルマップを見ていて気になったところです。

f:id:s_tkmt:20200113144023p:plain

が、見ての通り、中心地から遠いのに加えて、バスを駆使しないとたどり着けなそうな場所のため、勇気が出ず断念。

というわけでこの日の目的地はお手台北天后宮淡水にしました。淡水も初めてです。

西門 台北天后宮へお参り

朝飯は適当に西門エリアに出店している屋台で購入。

f:id:s_tkmt:20200113145639j:plain

美味しかったですが、まぁこんなもんって感じのB級味でした。

さて、淡水に行く前に、西門にある台北天后宮にお参りです。西門のガヤガヤしている街中にあります。信心深い地元の人は通るたびにお祈りをしたりしています。

f:id:s_tkmt:20200113144855j:plain

中に入るとちょっとした庭のようにもなっていたりして、都会の中のオアシスみたいです。

f:id:s_tkmt:20200113145056j:plain

入り口にあるランタン(?)がとてもきれいです。中国・台湾の寺院は綺羅びやかで写真映えしますね。日本の寺院も好きですが、どうしても黒・茶色系で地味なんですよね…。

f:id:s_tkmt:20200113145236j:plain

そしてここは弘法大師が祀られています。弘法大師のエピソードとか歴史は正直詳しくないので、ちょっと物の本でも読んでみようかな…。

水の都淡水

淡水の別名!東洋のヴェニスwww何言っとんのやwww

そう思っていた時期がありました…。いや、たしかにヴェニスは言い過ぎだと思いますが、実際行ってみてめっちゃいいところであったのには間違いありません。
淡水線に乗り終点の淡水駅へ。天気も良かったことがあり、とても晴れやかな気持ちで淡水観光です。

f:id:s_tkmt:20200113145742j:plain

海から見える景色もきれいです。台北のように人があふれているわけでもなく、のどかで最高でした。ひとり旅というのも相まって、かつて行った尾道の雰囲気を思い出します。

f:id:s_tkmt:20200113145944j:plain

そして地元の人が集う中山市場。雰囲気が最高です。

f:id:s_tkmt:20200113150056j:plain

そうそう、こういうことですよ。求めていたのは。

f:id:s_tkmt:20200113150111j:plain

観光客向けに整備されすぎた黒門市場はもう二度といかねぇぞ!!!

そのまま市場を通り抜けて適当にそれらしき道を歩いて淡水を散策。

f:id:s_tkmt:20200113150336j:plain

途中見つけたお店。中には入りませんでしたが、外観から漂う不思議の国感。非常に気になりました。

f:id:s_tkmt:20200113150549j:plain

そのまま海沿いを歩いていき、淡水紅毛城へ

f:id:s_tkmt:20200113150700j:plain

歴史的には重要な建物なのかもしれませんが、ここはそこまで楽しいスポットではありませんでした。。が、ここ抜けて道沿いを歩いていくと…

f:id:s_tkmt:20200113150844j:plain

大学の敷地内に入りました。左奥に見えるのは真理大学という大学です。のどかでいいですなぁ。

f:id:s_tkmt:20200113150959j:plain

その他こんな感じの壁画スポットがあったり。歩いていて楽しいエリアでした。人も全然おらず、のんびりと散歩するには最高の場所です。

f:id:s_tkmt:20200113151452p:plain

ざっくり、淡水で歩いた道を示すと上記のような感じです。結構な距離を歩きました。歩いた時間だけでも1時間くらいでしょうか。

f:id:s_tkmt:20200113151124j:plain

さて、天気が良い中さんざん歩き回って疲れたので、一休み…。飲むのはもちろんタピオカミルクティー!!

f:id:s_tkmt:20200113151154j:plain

小豆入りタピオカミルクティーでした。小豆感が独特でしたが、これはこれでうまい。

 

君は關渡宮を知ってるか?

さて、淡水を一通り回ったところで、次の場所です。これもたまたまグーグルマップで見つけた場所なのですが關渡宮という寺院に行きました。

淡水線で關渡駅で下車。そこから15分くらい歩いたところにあります。が、歩くのがめんどいのでバスを使いました。台湾のバスは日本円換算で50円くらいで乗れるので最高です。駅前等のやや大きめのバス停であれば電光掲示板で時間もわかるので、苦労しません。日本人で漢字も読めるので行き先に不安も覚えることもありません。

f:id:s_tkmt:20200113151935j:plain

というわけで着きました。平日かつマニアックスポットということで、人は全然いません。

このお寺はいくつかの建物が複合的に合体しており、トータルではかなりでかいです。

f:id:s_tkmt:20200113152058j:plain

こんな感じの洞窟っぽいエリアがあったり

f:id:s_tkmt:20200113152207j:plain

神戸の中華街にあるような塔もあり

f:id:s_tkmt:20200113152311j:plain

別の入り口はこんなに立派だったり、その他、敷地の上の方までいけば結構な高台になっていて見晴らしが良かったりでよりどりみどりでした。

そしてお昼を迎えてお腹が空いたので、近場の野外フードコート?的なところで魯肉飯。何度か台湾に行ってますが、初めて食べました。魯肉飯。

饒河街観光夜市と三和夜市

淡水歩きと寺巡りで疲労困憊のため、ホテルで一休み、というか爆睡。そしてこの日も夜市へと向かいました。まずは饒河街観光夜市です。

f:id:s_tkmt:20200113153007j:plain

ガイドブックにはよく載っていますが、行くのは初めてでした。

f:id:s_tkmt:20200113153044j:plain

さっそく入り口付近で並んでいた胡椒餅を購入。55元。熱くてうまい。

しばらくふらふら夜市巡りしたものの、一通り回ってまだ飽きたらなかったので、急遽別の夜市に行くことにしました。饒河街観光夜市からは少々遠いですが、三和夜市なる夜市に向かいました。

f:id:s_tkmt:20200113153351j:plain

うーん。至って普通の夜市。夜市に飽きてきたのかもしれません。

唯一面白かったのはスマートボールに地元民が熱中していたこと。

f:id:s_tkmt:20200113153536j:plain

これは他の夜市でもあまり見られない光景でしたので新鮮でした。

f:id:s_tkmt:20200113153637j:plain

シメに牛肉麵を食べて終了。

 

西門 檸檬屋 苦瓜原汁 [検索]

そうそう、西門を歩いているとすごい気になる店がありました。

f:id:s_tkmt:20200113153859j:plain

結構待ち行列できているのですが、名前がとても仰々しい。よく見ると苦瓜原汁という文字が…。怖いものみたさで買ってみました。

f:id:s_tkmt:20200113154052j:plain

いったいどんな味か…と恐る恐る飲んでみましたがこれが思いの外ウマイ!!!確かにゴーヤみたいな瓜の苦さはあるのですがはちみつで甘くしてあるので飲みやすい。なんていうか、熟してない瓜っぽいメロンみたいな感じでしょうか。結構個人的には熟してないメロンのあの瓜っぽい感じ、嫌いじゃないです。

f:id:s_tkmt:20200113153822j:plain

帰りに西門で撮った猫の写真。動物瞳AFは素晴らしい。

こうして2日目が終了しました。